本文へジャンプ
トップページに戻る

今日のまほろば 2017

まほろばも本格的な雪化粧
この冬初めての積雪です。
雪の降る日は数ありましたが
これだけ積もるのは初めて。
お正月は雪の中で
迎えることになりそうです。

12月27日(水)

遠く北アルプスも雪をかぶりました。まほろばへの道にも雪が積もりました。
年末年始にまほろばへお越しの皆様は送迎を希望されるか冬用タイヤを装着されるか、
長野からレンタカーをご利用ください。

12月7日(木)

雪が積もる前に、畑の野沢菜取りを行っています。
この辺で言う「おな洗い」で収穫した野沢菜をすこし日に干し洗ってから漬け込みます。
自家製の野沢菜漬けをお楽しみください。

12月4日(月)

毎年きょうおこなわれる冬の花火、えびす講煙火大会も112回目、
澄んだ寒空に何万発もの花火が打ち上げられました

11月23日勤労感謝の日

夜中に雨が雪に変わって、今朝はまほろばもうっすら雪化粧です。
鮮やかな紅葉の落ち葉の上にも雪が積もり始めています。

11月21日(火)

まほろばにも紅葉が降りてきました。
戸隠や、米子瀑布ではもう見頃を終えてしまい、
遠く北アルプスは既に白く雪化粧を始めています
まほろばもぼちぼち冬を迎える準備を始めなければなりません。

11月9日(木)

大型の台風21号の通過で県内では収穫前のりんごが落ちてしまうなどの被害が出ています。
まほろばの上を通る国道でも土砂崩れが起こり、復旧工事のため一部通行止めとなりました。
現在は通行可能となっています。

10月23日(月)

我が家の藪にある原木きのこもいろいろ顔を見せはじめました。きのこ鍋のシーズン到来です。
左から肉厚のしいたけ、なめこ、クリタケ

10月12日(木)

秋が始まりました。
きのこも取れ始めて
山にはたくさんのアケビ
がぶら下がっています。

10月1日(日)

本日お子様連れで宿泊のお客様、袋いっぱいの栗を拾って持ち帰られました。
クリの皮をむくお母さんの嘆き声が聞こえてきそうです。

9月24日(日)

いよいよ秋が始まりましたね。
この時期お子様連れの方には栗拾いを体験していただいています。

9月14日(木)

秋晴れの土曜日、家族が集まっての稲刈りです。
山に暮らす人びとは田んぼが川中島の善光寺平と呼ばれる平地にしかないので
山で稲作をやってる農家はごくわずかです。
今日はみんなで手伝ってはざかけにして天日に干しています。

9月9日(土)

9月になってまほろばの里山にも秋が近づいています。
りんごも色づき始めもうすぐ収穫です。

9月5日(火)

沢沿いに自生しているミョウガを取りに行きました。
背負うカゴにいっぱいの収穫です。

8月23日(水)

まほろばの畑の夏野菜が収穫期を迎えています。
今日は真っ赤に熟したスイカととうもろこしが採れました。

8月7日(土)

まほろばの裏庭に植えてあるブラックベリーがぼちぼち採り頃を迎えています。
桑の実に似ていて少し大きめで酸味がありますがベリーの仲間なので
体に良い成分が含まれています。
私どもではムースにしてお客様に召し上がっていただいております。

7月25日(火)

州も梅雨明けになりました
さっそくまほろばの窓の網戸にセミがへばりついています

7月20日(木)

梅雨の土砂降りの合間にのぞかせたお日様に 畑の夏野菜が元気に育っています。
信州特産の丸なすや、これから色づくトマト、そしてみずみずしいキュウリ
すべて無農薬だから安心、美味。

7月3日(月)

まほろばの裏庭に生えている2本の杉の木、1本が枯れてしまい、倒れてくると困るので2本とも
伐採していただきましたが
なんとこれをやってくださったのは常連のお客様。
わざわざクレーン車を借りてきて梅雨空の中見事に切り倒していただきました。

6月7日(水)

快晴の白馬、北アルプス。
田植えの準備で水を張った田んぼに
雪山が白く映ります。

5月22日(月)

まほろばのある里山と市街地の人々との交流会が行われました。
村のてっぺんにあるわらび園でのワラビ採りや山菜の即売会、そして名所旧跡の観光など
街の人達にとっては驚きや感動の体験になったみたいです。
街からわずか20分の距離なのにその変化は目を見張るものがあるようです。

5月13日(土)

5月の連休も終わり、お客様に食べていただく天然岩魚を釣りに
いつものフィールドに出かけました。
山にはまだ雪が残っており、ふきのとうもやっと顔を出していました。
陽のあたるところでは木の芽が新緑に染まり始め、やっと春を迎えたところです。

5月10日(水)

宿に到着後すぐにオプションの山菜採りに出かけたお客様。
急斜面を降りたり小川を渡ったりと大自然を楽しまれたあと、
風呂上がりに縁側で採ってきたばかりの山菜料理で地酒をお楽しみ。

5月2日(火)

桜に続いて咲いたのは、信州特産のりんごや桃の花です。ピンクや白が街中に溢れています。

4月26日(水)

近所の人達との夜桜見物。
夜はまだ寒く防寒着を着ての鑑賞です。

4月23日(日)

連日の陽気でまほろば近辺の桜も開花しました。
里山にはあちこち山桜が自生していて遠くの雪山と対照的です。
長かった冬にやっとお別れです。

4月18日(火)

快晴で20度を越える日曜日、
長野マラソンが開催されました。
市内では残雪の雪山をバックに咲く
桜を眺めながらの快走になりました。

まほろばでは駐車場横の斜面に
カタクリの花が咲き始めています。
10日間だけの短い間、一面に紫色の
花を咲かせてまた1年間地面の中に
消えてしまうのです。

4月16日(日)

長野市内のあんずの花が見頃を迎えています。
おとなり千曲市のあんずの里では
一目10万本と言われるあんずの木が
ピンクの花を咲かせて
あんず祭りが開かれています。
(4月16日までです)

4月9日(日)

まほろばではビニール袋をかぶせていた枝だけやっと梅の花が咲きました。
ほかの枝はまだ蕾のままで、街中との標高差は200mなのに
随分遅れているようです。例年ならもうウグイスの声を聞いているのに
こちらもまだ少し遅れ気味の里山です。

長野市内で一番最初に花を咲かせる
魯桃桜(ろとうざくら)が満開となり
街では梅も咲いているのですが

4月5日(水)

渓流釣のフィールドはまだ雪が多くとてもとても竿を出せるような状況ではありません。

3月30日(木)

まほろばもやっと雪が溶けてきて、
ひだまりに春を告げる福寿草が花を咲かせ始めました。
浅葱やふきのとうも顔を見せ、春が近いことを感じさせてくれる今日このごろです。

3月11日(土)

快晴の戸隠雪上トレッキングに参加しました。
2mくらいの積雪の上を植物園の中を歩いて
鏡池まで2,5km氷結した池の上に立って戸隠山をバックに
全員で記念撮影

2月22日(水)

土曜日から次の日曜日まで
約1週間長野灯明まつりと善光寺の
ライトアップが始まりました。
寒さが増してくる夜にも関わらず
観光客がカメラ片手に続々と参拝にこられます。

2月13日(月)

雪も止んでお日様が顔を出しました。
善光寺さんもすっかり雪化粧。

1月25日(水)

連日の大雪でまほろばの玄関も雪をかぶってしまいました。
まだまだ降雪が予想され毎日の雪かきが大変です。

1月18日(水)

今日は村のどんど焼きです。幸い雪も少なく天気も良くてみんなで集まって1年の安全祈願

1月9日成人の日

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうか宜しくお願い申し上げます。

2017年1月1日